さまざまな種類があるITエンジニア

IT業界で活躍するITエンジニアには、さまざまな種類があります。

まず挙げられるのが、プログラマーです。
プログラマーの仕事は、プログラミング言語を用い、さまざまなソフトウェアやシステムを作ることです。システムエンジニアからの指示のもと、目的に適したプログラミング言語によってプログラムを構築していきます。また、システム上のバグを発見し、不備のない状態にしていくこともプログラマーの仕事です。

次に紹介するのは、システムエンジニアです。
システムエンジニアの仕事は、クライアントにヒアリングを行い、要求に適した仕様のシステムを開発することです。主にプログラミングやシステム設計を行いますが、プログラミングは、プログラマーに依頼する場合もあります。そのほか、予算や人員、納期に合わせたプロジェクトの進行管理や完成したシステムのテストなども行います。

IT基盤を構築するのが、インフラエンジニアです。
さまざまなデータを受け渡す基盤であるITインフラが正常に稼働するよう、サーバーやネットワークの設計や構築、運用、保守などを担います。場合によっては、サーバー領域を担当するサーバーエンジニアと、ネットワーク領域を担当するネットワークエンジニアに分類されることもあります。

近年需要が特に高まっているのが、アプリケーションエンジニアです。
主に、アプリケーションの開発や設計、運用、保守などを行います。アプリケーションには、「業務系アプリ」「スマホアプリ」「Web系アプリ」などの種類があります。

そのほか、サーバーサイドエンジニアやフロントエンジニア、セキュリティエンジニアなど、ITエンジニアにはさまざまな種類が存在しています。