IT業界が人材不足である理由

IT業界では、慢性的な人材不足状態が続いています。2019年に経済産業省が公開した「IT人材需要に関する調査」によると、2030年には、最大約79万人ものIT人材が不足すると予想されています。

IT業界で人材が不足している理由の一つとして、IT技術の変化が激しいことが挙げられます。
近年、AIやIoTといった最先端技術が登場し、世の中はどんどん便利なものになっています。しかし、こうした目まぐるしい技術のアップデートに、人材育成が間に合っていない状況です。そのため最先端技術に対応できる人材が限られてしまい、人材不足状態が続いています。

また、少子高齢化も、人材不足の原因といわれています。IT業界に限りませんが、少子高齢化によって労働人口は確実に減少しています。企業では定年延長や再雇用などの対策が取られているものの、高齢になると最新技術について行けなくなる人も多く、なかなか人材確保に結びついていない状況です。

IT業界が急成長分野であることも、人材不足の大きな要因です。
さまざまな分野でIT化が進んだことで、IT業界は急成長を遂げています。しかし、急速に高まる需要に対し、ITエンジニアの供給は追いついていない状況です。この需要と供給のバランスの悪さが、IT業界における人材不足を加速させています。

ただし、需要があって人材が不足しているということは、ITエンジニアの活躍の場も多数存在しているということでもあります。そのため、他業種からITエンジニアを目指した場合でも、活躍できる可能性は十分にあります。それどころか、求められるスキルをしっかりと養っていけば、さまざまな場面で必要とされるエンジニアになることもできます。
もしこれからITエンジニアを目指してみたいとお考えなら、まずはITエンジニア基礎の基礎というサイトで、基本的な情報に触れてみることをおすすめします。