会社員とフリーランスの違い

ITエンジニアの中には、会社員として働いている人もいれば、フリーランスとして働いている人もいます。では、この2つの働き方には、どういった違いがあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、契約方法の違いです。
会社員として働く場合、企業と雇用契約を結びます。「雇用主」と「労働者」という立場になるため、業務内容や労働時間、休日など、会社の規定に従う必要があります。
一方フリーランスの場合、常駐型契約を除き、一般的にはプロジェクトごとにクライアントと業務委託契約を結ぶことが多いです。業務委託契約の場合、業務内容や労働時間などを自由に決めることができます。

収入にも大きな違いがあります。
会社員は給料制のため、毎月決まった給与が振り込まれます。収入が安定する反面、給与は決まっているため、仕事量と収入が釣り合わない可能性もあります。
フリーランスの場合、自分の手で仕事を獲得しなければ、収入を確保できません。そのため収入が安定せず、仕事を受注できなかった場合、収入がゼロになる恐れもあります。ただし、獲得した利益はそのまま自分の収入になるため、高収入獲得のチャンスもあります。

仕事の進め方も異なります。
会社員は、基本的に会社から与えられた業務を遂行します。また、営業や開発、経理など、担当者が分かれているのが一般的です。
しかしフリーランスの場合、そういった作業をすべて自分一人で行わなければなりません。ただし、自分のやりたい仕事を自分で選択できるというメリットもあります。

このように、会社員とフリーランスには多くの違いがあるので、自分に合った働き方を選択することが大事です。